メタルアートの技術力

鍛造とは?

金属の素形材加工には、鍛造、鋳造、プレス加工、粉末治金等があります。素形材加工とは、この文明社会を支えるあらゆる物の形状を造る方法です。

その中でも金属素材を打撃・加圧することで、目的の形状を造ることを「鍛造」と言います。
他の加工法に比べ、より粘り強く衝撃破壊を起こしにくい強度的に優れた性質(靭性)を持った製品を得ることが出来ます。
鍛造品は、普段あまり目にすることはありませんが、日本の鍛造技術及び生産性は、世界的レベルにあります。高品質かつ低コストの製品をユーザーに提供しているからこそ、世界で評価を得ている自動車、建設機械などが生み出されていると言っても過言ではありません。
我が社はこのような「鍛造」に従事して日本の社会を支えていることに誇りを持っています。

【鍛造品の特徴】
・ 製品形状に沿ったメタルフロー(鍛流線)が得られ強度がアップする。
・ 圧力を加えることにより組織が緻密となり内部欠陥がない。
・ 機械加工が省略、または節減できる。
・ 同じ強度を保ちながら肉厚を薄くすることで軽量化でき、材料の無駄がない。

メタルフロー(鍛流線)とは

メタルフロー(鍛流線)とは

鍛造の強靭性を象徴しているのが、製品の断面に現れるメタルフロー(鍛流線)です。
樹木には年輪があるように鍛造品には製品形状に沿ったメタルフローが形成されるため、高い強度・耐久性・衝撃値などが得られ、安全性を必要とする重要な部品に使用されています。

鍛造品、削りだし品、鋳造品の違い

身近にある鍛造品

身近にある鍛造品

こんなところにメタルアート

鍛造から出荷までの流れ

鍛造から出荷までの流れ

鍛造の事例(熱間鍛造)ビデオ

ご相談・お問い合わせについて

メタルアートでは、ご相談・工場見学・お見積依頼等を
随時受付いたしております。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・お見積り依頼はこちら

メタルアート本社外観

本社工場MAP

〒525-0059
滋賀県草津市野路三丁目2番18号

077-563-2111